アンチエイジング

まずは体の中のおそうじを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いいものを取り込む前に、まずは体の中のおそうじが大切!

デトックス

現代社会において、私たちは、食事・皮膚・呼吸などから自然に有毒な物質(毒素)を体にためこんでしまっています。

そして、これらの有害物質や毒素を解毒・排出し、体が本来持つ力を取り戻し、健康な体や美しい肌を取り戻す。

それが『デトックス』です

普段の食生活の中では、
どんなに気を付けていても摂取してしまう有機化学物質や有害ミネラルがあります。

例えば、大型魚に凝集される有機水銀や古い水道管からのニッケル、缶詰やお鍋のアルミニウム、
タバコの煙などがそうです。知らないうちに体内に蓄積しているのです。
これが毒素です。

便秘の時などでは、毒素が腸から全身に回ってゆき、
それが肌荒れや頭痛などのトラブルを引き起こします。

デトックスで腸をリセットして働きがよくなると、体内の古い物や悪い物をどんどん排出。
肌がキレイになり、むくみも解消、慢性的な肩こりや冷え症も改善します

自分で出来るデトックス

・血液やリンパの流れを活性化

まず温水のシャワーを鎖骨にあて、老廃物を運ぶ働きをもつリンパの流れを活性化させます。

次はつま先からひざ、ふともも、股関節へ向かってゆっくりとシャワーをあて、足をマッサージします。

腕は、指先から手首、ひじ、ワキの下と順にあてていき、最後にはおへそを中心に、時計回りにおなかを刺激しましょう。

シャワーはカラダの末端から心臓部に向かってあてていくのが、リンパの流れを促すコツです。

・半身浴で皮脂腺から汗を出す

お湯の温度を38~40度に設定した湯船に、腰まで約20分間ゆっくりと浸かります。

カラダが芯から温まって血行がよくなると、新陳代謝が活発になり、汗とともに体内の老廃物が一緒に排出されてゆきます。

また、血行がよくなることで肝臓に送られる血液量が増え利尿作用が高まったり、水圧によって血管やリンパ管が圧縮され、血液やリンパ液の流れがスムーズになりむくみが解消したりします。

・ガブガブ飲んで利尿を促す

毒素や老廃物のほとんどは、尿というカタチで排出されます。

ということは尿がスムーズに出る人は、それだけ有害物が多く出るということ。

利尿を促すために、充分な水分補給を心掛けましょう。
2リットルの水を1日のうちの何回かにわけて摂取すると理想的です。

絶対に欠かしたくないのは、カラダの水分量が少なくなる朝起きたときと就寝前、それにスポーツ後や入浴前後。

体内水分量を増やして、尿の量も増やすようにしましょう。

国民生活センター
『くらしの豆知識2006年』 参考

毒出し食材には大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 体内の有害物質を包み込んで吸収させなくする食材です。硫黄化合物を含む長ねぎ、にら、玉ねぎ、にんにく等が代表です。
  2. 有害物質を無毒化するのを助ける食材。ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根などのアブラナ科の野菜が挙げられます。また、無毒化するミネラルであるセレニウムはにんにく、長ねぎ、玉ねぎ、海藻類に多く含まれます。
  3. 有害物質の体外への排出を促す食材。食物繊維を多く含むリンゴやごぼう、きのこ類、海藻類などが挙げられます。

≪早見表≫食材が排出してくれる主な毒素

ブロッコリー   アルミニウム
きのこ類     鉛・水銀・ひ素
にんにく     水銀・ひ素
コリアンダー   カドミウム鉛・水銀・ひ素
玉ねぎ      アルミニウム
大根       鉛・水銀・ひ素
海藻類      カドミウム水銀・ひ素
りんご      カドミウム
ごぼう      カドミウム・鉛
長ねぎ      鉛・水銀・ひ素

デトックスはもはや一般的になった言葉ですが、

いざデトックスとは?やり方は?効果は?と聞かれると、なかなか答えが出てきません。

そこで今回は、デトックスとはどういった意味で、どんな効果があるのか、その方法や効果的な食べ物・飲み物などをまとめました。体の中からキレイになりたい方は要チェックです。

まずは、デトックスとは何か?を軽くおさらいしましょう。

デトックスとは、体内に溜まった毒素や老廃物を排出して、心身ともに健康な状態に導くこと。
老廃物が体内に溜まったままになってしまうと、腸内環境が乱れたり、代謝が落ちてしまったりと、体に多くの不調が現れます。

これらは便秘や肌荒れのほか、むくみや冷え性の原因になってしまうことも……。

体内の老廃物や毒素を排出することで、本来の体の働きを取り戻すことが「デトックス」であり、実はこのデトックス、直接的にダイエットの方法を指すものではありません。

しかし、デトックスを上手に行うことで新陳代謝を高めたり、冷えを解消したりすることで、
結果的にダイエットに対してアプローチできます。
毒素は脂溶性であるため、体内の毒素を排出することで脂肪も落としやすくなるのです。

やり方次第では、現在の体重の一割程度であれば軽く落とせる、なんてこともあります。

日本語の「デトックス」という言葉は、意味は「解毒」です。
この言葉はズバリ「体内に溜まった毒素や老廃物を排出して、心身ともに健康な状態に導く」というもの。

毒素や老廃物を体内に溜め込んだままにしてしまうと、むくみや肌荒れなど、美容の大敵を呼び込んでしまうこともあります。

もちろん、健康を脅かす危険性や、不定愁訴(ふていしゅうそ)と言われる、お医者さんにも原因がわからない身体の不調が現れてしまうこともあります。

しかし逆に言えば、毒素や老廃物を体外に出す「デトックス」を上手に行うことで、加齢とともに気になってくる肌や体力の衰えにも、効果を発揮してくれることもあるのです。

一言でデトックスといっても、新陳代謝が上がることでむくみを防止したり、整腸作用を整えることで肥満の防止になったりと、体へのアプローチの仕方や効果はさまざまです。

自分で出来るデトックス
・血液やリンパの流れを活性化

温水のシャワーを鎖骨にあて、老廃物を運ぶ働きをもつリンパの流れを活性化させます。

次はつま先からひざ、ふともも、股関節へ向かってゆっくりとシャワーをあて、足をマッサージします。

腕は、指先から手首、ひじ、ワキの下と順にあてていき、最後にはおへそを中心に、時計回りにおなかを刺激しましょう。

シャワーはカラダの末端から心臓部に向かってあてていくのが、リンパの流れを促すコツです。

・半身浴で皮脂腺から汗を出す

お湯の温度を38~40度に設定した湯船に、腰まで約20分間ゆっくりと浸かります。

カラダが芯から温まって血行がよくなると、新陳代謝が活発になります。
汗とともに体内の老廃物が一緒に排出されてゆきます。

また、血行がよくなることで肝臓に送られる血液量が増え利尿作用が高まったり、水圧によって血管やリンパ管が圧縮され、血液やリンパ液の流れがスムーズになりむくみが解消したりします。

・ガブガブ飲んで利尿を促す

毒素や老廃物のほとんどは、尿というカタチで排出されます。

ということは尿がスムーズに出る人は、それだけ有害物が多く出るということ。
利尿を促すために、充分な水分補給を心掛けましょう。

2リットルの水を1日のうちの何回かにわけて摂取すると理想的です。

絶対に欠かしたくないのは、カラダの水分量が少なくなる朝起きたときと就寝前、それにスポーツ後や入浴前後。体内水分量を増やして、尿の量も増やすようにしましょう。

国民生活センター
『くらしの豆知識2006年』 参考

活性酸素の除去

活性酸素は、呼吸によって体内にとりこまれた酸素がエネルギーを作りだす過程や、血液中の白血球などによって生みだされる物質で、特徴は強力な酸化力(サビつき)です。

活性酸素は免疫に関わる善玉のものもありますが、悪玉のヒドロキシラジカルという活性酸素は細胞を傷つけほとんどの病気に関わっています。

当然、肌荒れ、老化の原因になります。

この活性酸素を除去するのは大切なことです。

抗酸化食材を意識して摂る事や水素を取って効率よく活性酸素を除去しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加