アンチエイジング

水素の威力

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  ・活性酸素は90%以上の病気の原因??

  ・活性酸素と疲労 

・水素と生活習慣病

・健康と病気に間の「未病

・老化

・水素と薄毛

・水素とパーキンソン病

・水素と高血圧の予防

  ・水素と糖尿病の予防

  ・水素アレルギー疾患

・水素とガン予防

・水素と虚血性再灌流障害

【活性酸素は90%以上の病気の原因??】

活性酸素は他から電子を奪うことで安定し、電子を奪われた細胞は酸化します。

細胞膜の主成分であるリン脂質は非常に酸化しやすく、活性酸素に反応し「過酸化脂質」になります。それが過剰になると細胞膜は錆びた状態になってボロボロになり、穴が開いたり細胞を守ることができなくなります。

活性酸素により、ミトコンドリアの膜に穴が開くと、細胞内に活性酸素が充満細胞機能が低下して、細胞の劣化、そして、全身の老化が進みます。

核膜が酸化すると遺伝子を傷つけそれが病気へとつながるのです。

 

【活性酸素と疲労】 

疲れて筋肉中の酸素が減ってくるとエネルギーにならなかった乳酸が残り、その溜まった乳酸が疲労を感じさせます。

そこで、水素を摂取すると、血流が良くなり、乳酸が肝臓に運ばれます。

肝臓に運ばれた乳酸はエネルギーに変化します。つまり、疲労物質をエネルギーに変換できるのです。

また疲労は、活性酸素によって細胞が傷つくことも原因と考えられます。

水素を摂取することで、ミトコンドリアが活性化すれば血流が良くなり、全身に酸素と栄養が行き渡ります。

よって、疲労感が減少が期待できます。

【水素と生活習慣病】

水素がエネルギー代謝を高めることでメタボリックシンドロームに対しても大きな効果を発揮します。

代謝症候群とは、内臓肥満が引き起こす、糖尿病・脂質異常症・高血圧症などの生活習慣病の総称ですが、それが進行すると、狭心症・心筋梗塞・脳卒中などの動脈硬化疾患になる恐れがあります。

水素水を飲む又は吸うことで、これらが
抑制されました。

1200ppb / 日  900ml /8週間

【健康と病気に間の「未病」】

体内に病気の萌芽はあるが、まだ表に出ていない状態のことを未病といいます。この段階で病気の萌芽を摘みつみ取ってしまえば、病気になるリスクを防ぎます。

健康な心身にストレスや疲労、過労などの負担がかかると、未病の状態になりやすくなります。

めまいや頭痛、身体のだるさ、肩こりなどがその自覚症状だと言われており、その原因の一つが活性酸素だと言われています。

活性酸素により細胞自体の機能が低下するため、病気の前に様々な不調が体に起きるのですが、悪玉活性酸素を除去し、ミトコンドリアを活性化するために水素が有効ではないかと思われます。

 【老化】

人間は老化します。老化には2種類あり、自然現象としての「加齢=生理的老化」と「病的老化」です。

現代医学では自然現象としての生理的老化は止める事は出来ませんが、病的老化は老化因子が原因によって起こるもので、止める事は可能です。

肌の構造は何層にもの層が重なり出来ています。その一番外側にある角質層が紫外線を反射させ、体内への進入を防いでくれています。
それでも、紫外線によって生産された一重項酸素は、皮膚の組織を攻撃します。

すると皮膚内のメラニン色素がそれに対抗します。

強い紫外線によって、体内のチロシンがメラニン色素に変化し、皮膚を防御しようとします。

対抗したメラニン色素は、新陳代謝によって角質層から捨てられますが、捨てきれずに残ってしまったものが、シミとなります。

また、紫外線が皮膚の細胞膜を酸化させると、過酸化脂質も増加し、肌のくすみ、シミ、たるみに繋がります。

皮膚の中にはコラーゲンというタンパク質が働き、肌のハリを保っています。このタンパク質の産生を手助けしてくれるのが、アミノ酸ビタミン C になります。

しかし摂取しても活性酸素を除去することに専念してしまい、本来の目的である
コラーゲン産生の方にまで手が回りません。

そこで水素を導入し、水素活性酸素除去してもらい、アミノ酸ビタミン C が本来の目的であるコラーゲンの産生に専念できるようにします。

【水素と薄毛】

近年では、薄毛もコラーゲンの産生不足が原因であると報告されていますので、薄毛で悩んでいる方にも水素の導入をおすすめします。

現在の治療は、病気の元を切除して、不足している物資を補う薬物療法です。

しかし、それでは一時的に取り除いても、根本となる体質を改善しなければ再発するリスクは高くなります。

水素を使った治療は、そういった根本的な部分にアプローチするものです。

【水素とパーキンソン病】

パーキンソン病は、運動を司る神経細胞が死ぬことで、動作がぎこちなくなり、ひどくなると、知的機能にも障害が現れます。

これも水素を使って活性酸素を除去し、細胞の活性化する事で防げると考えられます。
自己免疫疾患の関節リウマチには水素ガス吸引より水素水投与が有効です。

【水素と高血圧の予防】

血管も老化します。
老化とともに血管内壁に酸化した脂質、いわゆる悪質コレステロールなどが付着して、血管の流れを悪くします。
なのに、血液を無理やり全身に流そうとするので、血管壁の抵抗が大きくなり血圧が高くなるのです。

血圧が高くなると動脈硬化、心臓病など様々な病気を誘発しますので、高血圧の早期予防・治療が促されます。

現在の治療方法は、生活習慣の修正と血管を広げたりする薬の服用です。

水素を使った治療は、その前の段階の血管内壁の酸化を防止していくことを目標にします。

水素はこれを達成することができます。

【水素と糖尿病の予防】

人間のエネルギーはブドウ糖を膵臓からでるホルモン・インスリンが取り込み、各細胞に届けることで作られています。

糖尿病の原因は、この膵臓の機能低下により十分なインスリンが分泌されず、体内に糖が充満してしまうことが原因です。

高血糖が続くと、血管が傷つき、糖尿病の合併症である心臓病や腎不全を誘発するリスクがあります。

糖尿病の治療もまた、生活習慣の修正と薬の服用です。
インスリンの分泌が不足する理由に、膵臓のランゲルハンス島の B 細胞が活性酸素の影響をうけているのではないかと言われています。

水素の治療はその影響の原因である活性酸素を除去して、細胞を保護することを目的としています。

また、糖尿病の合併症も活性酸素による細胞の障害が原因だと考えられます。

活性酸素を除去することで、症状の予防・改善の可能性があります。

【水素とアレルギー疾患】

アレルギーは現代病とも言われ、日本人の2人に1人の割合で発生しています。

アレルギーは細菌などのウィルス(抗原)などが体内に侵入すると、体はそれを撃退するために抗体を作って排除します。しかし、免疫異常により、免疫が過剰に働いてしまい、本来なら無害である
花粉などに対しても反応してしまいます。
これがアレルギーです。

代表的な抗原がアレルゲンです。このアレルゲンは多種多様あり、様々な症状を引き起こします。

現在は、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーが乳幼児の間に拡大していることが懸念されています。

予防には

・アレルゲンを遠ざける

・住居を綺麗にする

・規則・正しい生活バランスの良い食事を摂る

重症の場合には、ステロイドなどの薬物療法が行われますが、どれも根本的治療にはなりません。

水素治療は、炎症の原因となっていた活性酸素を除去することになります。

皮膚のバリア機能が正常化され、免疫力の向上とともに、アレルギーの反応の暴走が制御され、湿疹や痒みが緩和されます。

【水素とガン予防

細胞が分裂や分化、増殖することで私たちは年を取り、成長していきます。私たちの遺伝子には、そのような情報が書き込まれているのです。

しかし、何らかの原因でその遺伝子に傷がつくと、ガン細胞に変化します。

ガン細胞は遺伝子の情報を無視して、ガンの増殖、転移を始めます。

ガン細胞が増殖の塊になると、悪性腫瘍になります。

悪性腫瘍は、さらに大きくなり。周囲の細胞まで拡大し、遠くの臓器や組織にまで、転移・浸潤します。

遺伝子の傷は活性酸素によるものだとされており、水素は遺伝子周辺に発生する
活性酸素を除去します。

ガン細胞は、ミトコンドリアが休眠した状態です。そのミトコンドリアを活性化させると、ガン細胞はアポトーシスを起こし(自殺をする)、壊れていくものと推測されています。

また、放射線が生体分子(主に水分子)にぶつかってできた、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカル水素が消去しますので、肺、心臓、心筋、生殖器、造血機能、リンパ腺など多用な臓器の放射線障害を回復させます。

【水素と虚血性再灌流障害】

虚血性再灌流は、血流が一時的に止まってしまい、再び血流が起こった時に活性酸素が大量に発生し、周辺の細胞が死滅してしまうことで起こります。

そこで、水素の吸入をすることで、活性酸素の発生が抑えられ、細胞の死滅を抑えられることが分かっています。

心臓麻痺や、脳梗塞等の血流が一時止まってしまったのちに水素を吸引する事で生存率が38%→86%に跳ね上がるという研究データがあります。

国内の病院内外での心停止のうち目撃されたのは年間 2 万 5000 件で、このうち1ヶ月後の生存率は約12%に過ぎません。

また、心停止後症候群から回復して社会復帰する人は8%。水素を吸引させることにより、半数以上が社会復帰できると見込まれています。

最近の研究から分かった事は、水素を取り込んでいるといざという時に病気が軽くなる予防効果があるということです。

数日で死んでしまうほどの敗血症を発症させたネズミが、あらかじめ水素水を3日間飲ませておくと、ネズミは半数以上が生き残るという実験の結果があります。

この時、敗血症を発病した後では水素水は与えておりません。水素水の予防効果です。

水素水を飲んでいたネズミの肝臓では、敗血症発病後に抗酸化酵素が著しく増加して敗血症による酸化ストレスが軽減されていました。

『水素分子はかなりすごい』
深井 有 著
『「水素の力」で創出する
健康長寿 100 歳社会』
森 吉臣 著                       より

このエントリーをはてなブックマークに追加