アンチエイジング水素

活性酸素と水素

このエントリーをはてなブックマークに追加

活性酸素とは?

医療の進歩は進んでいて、急性の病気は治せるのに対し、慢性的な病気は治らない 事に疑問を持つ医師が「活性酸素」に出会い、その研究を進め、「活性酸素」は 人間の身体全体に大きなダメージを及ぼしてあろうことを実証させました。

では「活性酸素」とは?

細胞の活動エネルギーを作る際(呼吸する度)に活性酸素を発生させます。 この活性酸素が細胞を酸化させ、老化や病気を引き起こすわけです。

活性酸素(かっせいさんそ、Reactive Oxygen SpeciesROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称です。[1]

一般的に

・スーパーオキシドアニオンラジカル
(通称スーパーオキシド)、
・ヒドロキシルラジカル
・過酸化水素
一重項酸素の4種類とされる[1]

活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成します。[2]

スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素前駆体であり、生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させます。[3]

私達が生きてく上で必要なエネルギーは、細胞内のミトコンドリアが食物内の栄養素と酵素を反応させて 作られています。

その時に発生する 活性酸素は、細菌やウィルスから体を守ってくれる強い見方であり、細胞が疲弊 したり、死んだりした場合、溶かして排出してくれます。

しかし、活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされています。「4]

過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成します。[5]

活性酸素は一日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し、平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になりますが、このDNA 損傷はすぐに修復されます。(DNA修復)[6]。( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

私たちの体には、過剰に増えた活性酸素を除去してくれる働きのありますが、 現代ではその働きが間に合わないくらいの 活性酸素を生じやすい生活を送っています。

私たちの細胞はリン脂質を主成分とする細胞膜で覆われています。その膜を通して 物質を取り込んだり、排出したりする過程で活性酸素が作られます。

【活性酸素と水素】

アメリカで開発の進んでいたアンチエイジングの中にも「活性酸素」の話が 盛んに出てきました。

アンチエイジングとは、文字通り「抗老化」ですが、[加齢によって生じる現象や症状をはねのけるような、健康的で若々しい様」ということです。

老化は病気である、老化を予防することが療現場に 予防医療を持ち込むことは難しく、個人の生活意識に委ねられています。

活性酸素を除去する事が予防につながると感じた医師は、食事や生活習慣などの アドバイスを行って来ましたが、画期的な治療法とは言えませんでした。

その時出会ったのが水素です。

パキスタンのフンザという地域の人々は100歳を超えても大きな病気をせす 元気に暮らしています。

そこで、私たちの暮らしとの共通点の水に焦点を当てた 所、その飲み水には水素が多く含まれていました。


宇宙で最も小さい元素の水素は薬物や他の物質では入り込めない「血液脳関門」 (PDS は入り込める)「卵子」にまで侵入する事ができ、細胞の奥の奥深くまで 容易にたどり着くき、悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を選択的に除去する 事がわかっています。

また、あらゆるガスの中で最速の拡散力を持つため、 他の物質に様々な電気的効果を与える事ができます。

他の抗酸化成分と比べて弱いため、善玉活性酸素には働かず、 悪玉活性酸素のみに作用し、除去します。

善玉活性酸素は、体内のウイルスや細菌を退治したり血管を作ったり、 拡張したりと身体に必要な役目を担っています。

悪玉活性酸素は脳神経系、呼吸器系、循環器系、消化器系、血液系、内分泌系から 眼、鼻、歯、骨、皮膚に至る、ほとんど全ての器官や組織の病気に関わっており 水素はその多くの場合に有効に働くことが知られてきました。

水素がさまざまな医療効果を示すのは、

・抗酸化作用
・抗炎症作用
・ 抗アレルギー作用
・糖 脂質代謝改善作用
・血管拡張作用
・神経保護作用
・ 細胞内信号伝達の制御作用
・抗アポトーシス作用(細胞の自殺を抑制する作用) 

このような作用の多様性は、水素分子が細胞レベルでの 多用な反応を引き起こしていることを示唆します。

まず水素分子が特定のターゲット分子に作用して、その信号が細胞全体に 伝えられると推測されます。

1つの鍵は Nrf2 というタンパク質が酸化ストレス を感知すると、細胞を保護する防御システムを完成させます。そこに水素分子の 信号が関わっているようです。


水素は細胞質や細胞膜どちらにも溶ける事が出来、小さく反応が早いため 体内のどこにでも侵入できます。

従って、悪玉活性酸素により酸化し、 本来のバランスを失った細胞を見つけると、直ちに作用します。


医療分野における水素の主な特徴

1 病気の原因の一つとなる悪玉活性酸素の除去

2 老化の原因の一つである、不活性なミトコンドリアを保護・活性化

●水素は一酸化窒素も増やす

私たちの血管の内側にある内皮細胞は、血流が早くなると、一酸化窒素を 放出し、その作用で血管を拡張することができます。

しかし、老化とともに その作用は衰えていき、血管が拡張しなくなり、血流が悪くなり、 いわゆる動脈硬化に繋がります。そこに水素を投与することで、一酸化窒素の 量を増やし、血流を良くすることができます。

●食事と水素で妊娠力のアップ

生命の維持には酵素の微量元素や葉酸が少ないと安定しません。

妊娠面から 見ると、葉酸は神経構造に大きく関わり、妊娠4〜6週時点で不足すると、 神経管閉鎖障害を起こし重篤な症状を示します。

水素活性酸素を除去し、( 不妊治療に大きな期待を持てますが、個人差もあり、食事の基本バランスが 前提にあります。)

私たちの体には、過剰に増えた活性酸素を除去してくれる働きのありますが、 現代ではその働きが間に合わないくらいの 活性酸素を生じやすい生活を送っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加