アンチエイジング

活性酸素

このエントリーをはてなブックマークに追加

活性酸素って?

活性酸素の過剰な発生が
疲れの原因!

活性酸素は、呼吸によって体内にとりこまれた酸素がエネルギーを作りだす過程や、血液中の白血球などによって生みだされる物質で、特徴は強力な酸化力(サビつき)です。
ただ、体内に細菌やウイルスが侵入してくると、酸化作用(サビつき攻撃)で殺菌・分解してくれるという生命維持に欠かせない役割もありますが、活性酸素は必要以上に発生してしまうと、脳や体の細胞にまでダメージを与えてしまう厄介な性質ももっているのです。

ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素の事です、

疲労とは活性酸素によって
細胞機能が一時的に低下した状態

もともと体には、活性酸素の働きを弱めたり無毒化したりする機能が備わっています。しかし激しい運動や精神的なストレスなどで大量のエネルギーが必要になると、処理できる以上の活性酸素が発生して体中の細胞をつぎつぎにサビつかせてしまうのです。 このような活性酸素によって細胞の機能が一時的に低下した状態が、いわゆる「疲労」の正体です

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています。ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。

肌の老化も促進!?

過剰発生した活性酸素は美容にも悪影響をおよぼします。肌の細胞がダメージを受けると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れをまねき、シミやシワ、たるみの発生が促進されます。また加齢とともに

<活性酸素が関与する主な疾患>

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、がん、糖尿病、胃潰瘍、肺炎、脳血管性痴呆症、アルツハイマー型痴呆症、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、白内障、未熟児網膜症など。 

細胞の損傷は回復しにくくなり、慢性化して体全体の老化へとつながっていきます。

 

活性酸素の種類

過酸化水素・・・消毒作用の働きをもつ活性酸素です。ほかの3つの活性酸素のもとになります。

塩素系ラジカル・・・もっとも毒性(酸化力)の強い活性酸素です。細菌を殺菌するために白血球が酵素をもちいて作る物質ですが、そのあまりのパワーに脳や体、肌の細胞へもダメージをおよぼし、疲労や老化のスピードを促進します。

水酸化ラジカル・・・体内でもっとも大量に発生する活性酸素です。塩素系ラジカルの次に毒性が強く、DNAやたんぱく質などの有機物に対して反応性が高いことが知られています。

窒素性ラジカル・・・3番目に毒性の強い活性酸素です。白血球や血管内皮細胞が外部から侵入する異物を分解するために作られます。大気汚染やタバコなどの有害物質によって活性化し、肌に害をもたらします。

スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル過酸化水素一重項酸素の4種類とされる

抗酸化物質でさび予防を!

過剰発生した活性酸素の除去や、細胞の酸化対策に効果的なのが「抗酸化物質」と呼ばれる物質です。
活性酸素に種類があるように、抗酸化物質にも多くの種類があります。
それぞれの活性酸素に対して効果をしめす抗酸化物質は異なるため、食事などで外部から摂取する場合は目的に合わせて選ぶ必要があります。

 

病気の原因の90%が活性酸素

 
活性酸素に関しては今から50年以上前に米国の生化学者フリードビッヒ博士によって解明され、その後世界各国で研究が行われてきました。
その結果、人が罹るあらゆる病気に活性酸素が関与していることが明白になりました。今や病気の90%は活性酸素が原因だということが判明したのです。それでは残りの10%は何かといいますと、風邪やエイズ、また最近増えてきている結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。

人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れています。そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きていくためのエネルギーを作り出しているのです。ところが、この過程で吸った酸素の2?3%が体内で電子の欠けた悪い酸素になります。これが「活性酸素(フリーラジカル)」といわれている酸素なのです。

活性酸素のイメージとしてはなにか生き生きとした元気のよい酸素と思われるでしょう。ところが大変攻撃的な性格の激しい酸素なのです。そして正常な酸素から電子を奪い取ります。するとこの奪い取られた酸素もまた活性酸素になってしまい、他の正常な酸素を攻撃し電子を奪い取りにいくのです。こうしてどんどん連鎖反応をおこして活性酸素が一気に増えていくのです。        

                                 日本予防医薬記事引用

このエントリーをはてなブックマークに追加