ご挨拶

はじめまして、遠藤陽子と申します。
1965年12月、埼玉県で生まれました。

両親が薬局経営をしていたため、自然と大学は薬学部を選択しました。

しかし、薬のことを知ればしるほど、薬のことが嫌いになります。できることなら自分は薬は使いたくない。そして、多くの人に正しい薬の知識を伝えることで、なるべく薬を使わずに健康な身体を手に入れる方法をお伝えしたいという気持ちが強くなりました。

遠藤陽子の歴史

20代: 薬学部を卒業後、薬剤師国家試験に合格

エステ業界の会社に内定をもらいながらも親の反対に逆らえず、 家業の会社(調剤&ドラックストア) に薬剤師として就職。その後、大学病院勤務の男性と結婚しました。 

30代: 子育てをしながら専業主婦の生活

専業主婦として子育てに追われながらも、元々はエステ業界に進みたかったので、美容への興味関心がなくなることはありませんでした。

40代:アレルギー体質の娘のために

アレルギー体質の娘の食事に気をつけて色々と情報を集めて、出来るだけ体にいい食事、添加物の少ない、自然食の勉強をしながら日々取り組む生活をする。その時、薬学の知識を思い出し、漢方も取り入れながら健康食の知識を得るために学びました。

開業医の実家の跡を継いだ夫のサポートとしての事務系の仕事に就き、医療の現場に長年携わってきましたが、天職とは思えませんでした。やはり、美容の仕事が好きなんだという想いが日に日に増していき、やがてストレスを感じるようになりました。

娘は中学まで硬式テニスをやり、高校卒業後は医学部に入り、現在は大学病院に医師として勤務しています。

50代:離婚

ついに嫁ぎ先を出て、独立し、起業し自分力で稼ぐ事を願いビジネスの勉強をしている時に、ITECインターナショナル(株) に出会い、代理店としての活動を始めることになりました。

『再生』という新しい分野の事業に携わり、理想の美容、健康、アンチエイジングのサポーターとしてお役に立つために活動を始め、現在に至ります。